なぜ山に登るのか。

山から遠ざかる日々が続いていた。
5月の終わりに登ってから全く山へ行っていない。

f:id:mhbg2012:20170626175839j:plain


ここ1ヶ月、つなぎでドライバー助手のバイトをしていて昨日で最後だった。

初めて一緒になったドライバーさん<Aさん(仮)>でオモシロい人だった。移動中、色々山のことを聞かれて話していたら

「君は山に行きすぎてわかんなくなってるかもしれないけど、山に登りたいって欲はきっとその山に溶け込みたい、その一部になりたいって思うからだと思うんだよね。よくそこに山があるからだなんて言うけどね。そうじゃなくて。まーオレは山登らないからわかんないけどね。」

今、なんで山に登りたいのかと問われてもボクはカッコいい答えなんて出てこない。答えるなら、「体動かしたいから。」「楽しくて気持ちがイイから。」「体と心が喜ぶから。」とありきたりで面白くもない感覚的な返答しかできないだろう。

でもAさんが言っていたことは何となくわかる。

山に溶け込みたい、一部になりたいという欲があるわけではなくて、ふと気付いたら「今、自然の一部になってた気がする。」という節は何度かある。
特に走っている時だ。一般的にはゾーン状態、あるいはフロー状態と言われている。集中力が高まったときに感じられるそれだ。気づいたときにはもう終わっている。

レベルがひとつもふたつも上だったら、コントロールができるのかもわからないが、精々自分はその程度。

このゾーンに入ることは別に山に行かなくてもできること。けれど、人工物が極めて少ない、もしくはない山の中では全てが自然。

隔たりだらけの街の中では集中出来てもその状態に入った記憶がない。
それは街での僕のレベルが低いのかもしれないし、山で感じるそれは全く別のものかもしれない。

f:id:mhbg2012:20170626180022j:plain


はー、山へ行きたい。

connected

f:id:mhbg2012:20170523161030j:plain
先週末の土日、昨年あたりからこの道を繋げて走れたらなと考えていたルートが遂に完成。
区間を除くすべてのルートの下見が完了した。

フィールドは奥秩父

振り返ると6年前。雲取山甲武信ヶ岳八ヶ岳山と高原地図を購入し地図を眺めていた。当時はトレランも山も初心者で、山に行きたいけど行くにはお金が結構かかると遠方に行くのを渋っていた。(笑)

どうせなら少しでも大きな山へということで近場である同エリアの地図を手にいれたのだと思う。
その年には奥秩父へは行くこともせず、北アルプスの縦走へ出かけてしまった。

その後もせいぜい行っても、奥多摩から雲取山くらいでそこから先へ進むことはなかった。
f:id:mhbg2012:20170523165138j:plain
関西へ二年間赴いているときに、どうしても通しで東アルプスへ行きたくて帰省したタイミングでトライした。
関西は低山ばかりだが、体力、走力と山勘、ちょっとした地図読み力を携えて奥多摩から瑞牆山をどうにか繋げた。トラブルはあったものの、嬉しかった。
関西から実家へ戻ってからはひたすら秩父、奥秩父、奥武蔵へ走りにいった。もちろん他の山域へも行ったけど心のどこかには必ず奥秩父があった。
f:id:mhbg2012:20170523170320j:plain
7月に仲間を集めて繋げた道を走る。
この山の、森の魅力を存分に感じてもらえたらそれ以上のことはない。

TATEYAMA

f:id:mhbg2012:20170523135034j:plain

季節はすっかり緑が映える時期となってしまった。そう、とっくにトレイルシーズンが到来している。
3月にスキー場を後にし、2週間後にまた雪の世界に戻っていた。

夏でも行ったことのない立山にある山小屋で働きつつ、空き時間と休みを利用してのスキー三昧。

スキーをはじめて3年目にしてバックカントリーへ行けるとは思ってもなかった。

 

f:id:mhbg2012:20170523135433j:plain

雪山は自分の中ではハードルが高いものだった。勝手に高くしていた。行動する前に頭で色々変な想像をしてしまう。

"JUST DO IT" 

NIKEの謳い文句は常にそうだ、その通りだと思っているけれど、こと雪山に関しては正直ビビッていたし誰について行けばいいのか、ひとりでいってもイイけどどの山から行けばいいのか...とこの通り腰が重かった。

f:id:mhbg2012:20170523140022j:plain

パートナーに誘われ連れて行かれるがままに登って、滑った。

もちろん自分自身、何も考えないでついて行っただけじゃない。


シール登行、アイゼン、ピッケルワーク、新しい経験をさせてもらった。
滑りは相変わらず下手くそだ。もっと上手くなりたい。常にそう思っている。

 

登りに何時間もかけて、滑り降りるのはものの数分。
その一瞬の世界に心魅せられ、興奮し、また行きたくなる。
トレイルランとはまた違う山の楽しみ方を見いだせた。

f:id:mhbg2012:20170523140711j:plain

f:id:mhbg2012:20170523140737j:plain

f:id:mhbg2012:20170523140836j:plain

大自然とパートナーへ感謝。

さあ!走るぞ‼

冬の

八ヶ岳へ三月の終わり頃に行ってきた。
f:id:mhbg2012:20170408094918j:plain
天狗岳山頂。

心配していた天気は問題なく、むしろ抜群のコンディション。
渋の湯から登り、黒百合ヒュッテ、中山峠、東天狗のピストンだった。おひさまが雲で隠れると影って寒かったが、ピークに達する頃には天気も見方してくれて頂上から赤岳、阿弥陀も見えるほどに。
f:id:mhbg2012:20170408095425j:plain

風も強くなく、下りたら黒百合で手作りシチューを囲み楽しい1日だった。

新年一発目

f:id:mhbg2012:20170104053057j:plain
2017年を迎えた。
冬のシーズンは昨年同様、長野県白馬村で過ごす。
残念なことに昨年よりも降雪が少ない。
その雪の少なさを利用して、夏道で冬山を登れるのではないかと黒姫山へ向かった。
普通であれば、傾斜のなだらかな、しらたま平からスノーシューであがることかと思う。
しかし、自分にはアプローチする車もない。どうしたかと言えば、黒姫駅から表登山道をたどった。
f:id:mhbg2012:20170104051718j:plain
目論見通り、夏道が積雪の少なさが故にハッキリ見てとれる。
別に夏道を辿らずとも、途中から直登すればてっぺんまで行ける。がしかし、傾斜が急すぎるうえに履いているのはトレランシューズ...
ツボあしでひたすら膝下まである雪を登る。
天気がよく、景色は映え渡り澄んだ空気につくられる山の静けさは夏のそれとは違う。
ひとりラッセルしながら何やってんだろとも思ったが、これはこれでよかった。
結局四合目あたりで時間も足らないし、足も冷えてきたので登頂は断念した。
必死こいてあがってきた道を走ってかけ下るのが一番楽しかったことは言うまでもない。
f:id:mhbg2012:20170104052613j:plain

the best 20s I've ever run-1st

私事ではあるが、20代という貴重な時間もあと残すところ1年ちょっと。(顔は五年前ほどから30代。笑)
トレイルを走りに何も考えず関西へ行ってたというお馬鹿をかましたりもしたが、行ってなければなかったであろう出会いがあり、仲間が出来たという点においてそれはそれはよかった。
と同時に関西の里山で鍛えられた体と山の感覚がなければひとりで頻繁に山へ突っ込むことは出来ていないであろう。感謝、感謝。

さて、本題。
これまでの微々たる私の経験から今まで走ったトレイルのなかで印象的だったトレイルを不定期に更新しようと思う。
表題では20代最後を勝手に記念して、20数個と書いたがそこまで行くかな...
エリアは主に関西、関東圏。

1st
滋賀県
【銚子ヶ口岳】

滋賀県東近江市三重県菰野町との県境に石榑(いしぐれ)トンネルがある。トンネルを滋賀県側へ抜け、そのまま真っ直ぐ行き神崎川を過ぎた左手に登り口がある。(駐車も2台くらいは可能。)
f:id:mhbg2012:20161221121533j:plain
滋賀、三重を南北に隔たる鈴鹿山脈の支脈にあたる。夏の2シーズンだけすぐ近くの民家に住み込みで川のガイドをしていたこともあり、朝練でよく上った山だ。
鈴鹿山系の山で一番初めに登った山でもあり、それまで自分が持っていた鈴鹿の山に対する先入観を良い意味でぶち壊してくれた山でもある。
f:id:mhbg2012:20161220123323j:plain
ルートはひたすら登り。しかも全て走ろうと思えば走れる絶妙な傾斜だ。杉に囲まれた余り日の当たらないトレイル。山の極(きわ)、沢沿いを走ったりと
飽きることがない。ひとつ忠告するとすれば、ヒルがここにもいることくらい。
上の写真は山頂手前。この登りを終え右手に折れもうひと踏ん張りしたら終わり。
朝陽が木々の隙間から漏れてくる美しい光景を目にすることもできる。
f:id:mhbg2012:20161220124138j:plain
山頂まで一時間以上かかったことはない。いつしか一時間を越えたらダメ。というルールが自分の中でできていたんだろう。最高タイムは忘れた。
帰りは来た道を戻る。ご想像の通り帰りは高速トレイルに変わる。

またこの先を進むと鈴鹿の秘境、イブネ、クラシに抜けられる。マーキングもついているが見つけづらいところもあるので注意。

鈴鹿の山で一番登ったであろう山。ここを登るときは誰にも会うことがなく、山の躍動と静寂を楽しんだ山。たった2週間で北アルプス高速縦走を可能にした体を鍛えてくれた山。
思いでの一杯つまった1番目に紹介するに相応しい山だと思っている。
f:id:mhbg2012:20161220125010j:plain
(山頂で空の変化を楽しんだ。)

Unforgettable time in HongKong

 Running a bit hard and breathing deeply. It reminds me of the days in HongKong. It should not be only me, but also the others think back the time we spent.

 

 We took part in "Oxfam Trailwalker HongKong" held from 18th to 20th of Nov. We, a team of 4 run (or walk) through Maclehoce trail which mostly covers our 100 km race course. The trail is the longest trail in HongKong among 4 major trails.

 

 The first 10km is road, not trail. It is very comfortable to run watching sea on our right side  and big dam on our left side. A cool bleeze makes us relaxed and keep going on our pace. The race has just started.
 After LongKe, we hit  concrete trails, upstairs,downstairs and sometimes sandy beach. We enjoy running, like "This is it! HongKong!"

 

 After running such a hard trail, we arrived at CP2 which is our first contact with our support crew. It is about 25km length from the start.  I felt it shorter than I thoght, so still mentally good. But we would know that we already had damage from this humidity and heat.

 Back to the course, trail is not concrete but well paved hard trail. It will be slippery if it rains. There are many supporters on the course. They said to us "Keep going!""Kayo Kayo(加油)" and "Gambatte!" We are hornord to get those messages from a lot pf people.

 (Now thinking back after the race, we had massive heat damage especially between CP2 and 3.)

 So, the key to finish this race successfully was how well we accept and keep going in this hot and humid condition. Now Japanese season is going into winter from autumn. It was hard for us to be adapted. We came a day before the race and had much cold air condition in our hotel. (It sounds excuse though...) Here in HongKong, it is same as japanese rainy season (before summer.) We cannot stop sweating!

 

 Aoki-san got cramp on both of his legs when he gave a way to other runners. Amir captain looks a bit of tired because he ran 75km race in Japan 5 days before. I was going to have cramp on the inside of my both knees.
 At CP3 we met Kawata-san(support leader) again, and he advised us to get hydrated and electrolyte well.

 However, when we go relentless up and down trails after CP3, Shimmyo-san fall gradually behind three of us. We had no choce to leave him here(we never want to do it.) It didn't matter to take slow pace or wait until he catch up. His face was flushed and he looked so hard to breathe.

 Then he said "I am going to drop out at next CP."

 No one wants to hear it, no one wants to say that phrase ofcourse. He took that decision for our team. We don't know when he recover or if he can recover or not. He didn't gamble.(It is ok to keep going with three members in the team.)

 He ran as fast as possible nevertherless he chose to drop out. I saw his braveness here. We promised to meet again at the goal. He was ok enough to walk himself although he lay down on a ground.

 To the next CP which is 15km away from here, we were going down a road.
Catching up teams we were passed by. The heat and humidity are still high. We took off our team shirt and trailpack directly on our back. Half naked! Amir-san enjoy playing with monkies. He loves to see monkey got angry.


  At the entrance up to Beaconhill, some other japanese supporters were on the road. They gave us such a helpful stuff ;icepack, muscat and coke! Much appreciated.
Apparently, japanese teams have a hard time with this hot conditions every year, because it is becoming winter in japan as I said above.

 When we had the rest of the up-road to CP6 in front, Kawata-san came down to us. Amir-san running good. I wonder why he has such a power in his small body. He raced 75km just 5days ago. Amazing! Aoki-san looked hard as I am but he covers with his experience to get over it. I was struggling to run "road" which I don't really like. I prefer trails all the time.

 Arrived at CP6, onigiri (riceball) is served. I felt hungry to keep going, so I had lots of them then we got a headlight for dark night and we left. 

 

 We didn't really talk how we run this race before the start. But we knew a point where we should boost to go. That is "NOW," the way up to Tai Mo Shan because we only have down way after this uphill.
 Hiking up stairs, caught them up again, it seemed no problem but me...

I felt so hot and had stomach failure. The pace was too fast for me after eating a real food. I couldn't stand for it. Told them to stop here and got my finger into my mouth and vomitted on purpose. (Sorry for teams behind...)   I felt a bit better.
 

 This uphill was way longer than I thought. I couldn't speed. Amir-san ahead of me takes our lead and Aoki-san push me up behind. I have been thinking that I was going to lead them up in this part from CP6 to CP8 because I had no damage from any races. They must be tired. I am disappointed with myself. However, no choice to quit in my mind and "our" mind.


 Slow pace, but going forward step by step. Finished the uphill, the rest is all the way down to CP8. Unfortunately, I got another problem. Every time I breathe, my chest hurts. I have experienced this symptom before. When it happened, I dropped out all races. I don't know how to get over. Just keep going. Feeling sorry to Amir-san and Aok-isan.

 At CP8 udon noodle was waiting for us. I didn't feel like eating anything until CP8. Somehow I wanted to have the udon.  Dashi soup gave me energy to go.
Promised to meet again with our crew at goal, we got back to the course, last 20km.

 

 I don't know why it happened. My stomach failure and chest pain healed. Miracle! Lucky!! I was very glad to run again anyway. Since it is mostly flat trail and road, we speed again. Amir-san is too fast to follow.

"Take it slow." said Aoki-san.

 I fell off by kicking a tree root. It was impressive moment for me though it was usual thing for him.
"This is it. I have my guts." said Amir-san. 

 At that time I coudn't beat him I thought, although we were teammates.
Running in the dark with silence. Nothing but sound of breathing. Such a precious moment.

 We hit a little park and checked direction to the goal. The lights up road and signs 700m, 200m can be seen. Finally goal gate and our crew there! We hold hands tightly each other, then we crossed a finish line by14:48.

 Very pleased to be here and honored to run with such a great teammates including support crew ofcourse!

THANK YOU ALL!

 

Team HOKA ONEONE JAPAN

Moto