読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えてきた次なる挑戦。

f:id:mhbg2012:20160523182645j:plain

(ファーストピーク武甲山。アームカバーの捲りあげ方と位置がダサいな...)

くどいようだが、ネタはまだ奥秩父縦走路。

我が友へ

今回、スタートを横瀬駅にしたのは理由がある。『奥秩父縦走』とするだけならばスタートは奥多摩駅からでもよかったはずだ。雲取山までへの道のりも時間にしたら3分の1で済む。⁽12時間→4時間⁾

玉出身で、秩父をホームフィールドとしたい。それでもスタートとする理由には十分だと思う。それも1つだが、別の理由がある。上の写真、手の甲に書いた武甲山=Bukohsanの”B”の文字。⁽自分でマッキー持っていって書いたw⁾実はもう一文字、ある場所で書いて写真に収めたかった。どこか。

f:id:mhbg2012:20160523184052j:plain

八ヶ岳、権現岳だ。⁽写真は2012年時。⁾

清里駅から権現岳へは難しくはない。北の一番端だったら考えるが、実は今回権現岳だけでも登ろうと視野にはいれていた。

権現岳=Gongendakeの”G” 武甲山=Bukohsanの”B”

BとG...

これは大切な友、Bibash Grungのイニシャルだ。

 

今からちょうど3年前の今日、一報が届いた。

彼はネパール人でシェルパであり、マウンテンガイドでもあり、若くして家族を支える柱であり(ご両親もご健在)いつもニコニコした好青年で、ボクにとっては初めての同じ歳の山友達だった。

彼はイタリアのアルピニスト(Bibashのゲスト)と共に世界で3番目に高い山、標高8,586mのカンチェンジュンガで無事登頂を果たしていた。

しかし、先に届いた報告は、下山中に他のパーティの滑落に巻き込まれたいうことだった。もう何が何だかわからなかった。それでも恐る恐るネットで検索するとそれっぽい情報が各国の新聞社から確認できた。この事実をどう捉えてよいのか、全く腑に落ちなかった。

確証を得たのはその2日後だったと思う。

ネパールで1回、日本で1回しか会ったことがなかったけれど、兄弟のような存在だと思っていたし、とても刺激を受ける存在であった。一緒に彼が登りたいと言っていた富士山に登りたかったし、ネパールの山も案内して欲しかった。でもそれはもう叶わない。

ショックだった。しかし、山から離れる気はなかった。もちろん彼の山のスタイルとボクの山のスタイルは違う。山を続けている限り、(もちろん彼を忘れることは何をしてても死ぬまでないが)自分の心に生き続けてもらえるように悔いのないように、好きなように山へ行こうと思った。
彼の功績には何をしても到底及ばないのだけれど、挑戦として、残っているこの生を精一杯生きる証の一部としてBとGを繋げたかった。それが武甲山をファーストピークにして、権現岳まで行こうという目論見。
7時間も途中寝てへましてそんな大事なことぶっ潰すのかとも思うが、途中で行けるんじゃないかと思った。

秩父縦走(今回同様、横瀬駅スタート)+八ヶ岳全山縦走を48時間

改め、

48 hours of ULTRA  "OKUCHICHIBU×YATSUGATAKE"

今回要した時間、横瀬駅から清里駅まで45時間もかかって何を言うとんじゃボケ!と思われるだろう。そこからゆっくりした休憩を8時間引いても37時間。

約12時間で八ヶ岳全山...36時間で奥秩父...行けそう!!!!と八ヶ岳全山行ったことないのに興奮した。

今回は1日目のスタート前の仮眠が1時間半。これが後に響いたと思っている。スタート前にしっかり睡眠をとる。そして途中は明るい昼間のうちにどこか寝転んで10分でも寝たくなったら寝ればいいと思う。やるんなら時間的にもそうするしかない。夜寝て暗いなか再スタートだと自分の場合やる気が下がる。だって、まだ寝ていたい...

 

どれだけやっても自分のことだから『彼には及ばない、まだ彼には及ばない。』と思ってしまうと思う。彼が挑戦したように、彼を想うことで挑戦しBibashが心の中で生き続けるのであれば自分は挑戦を止めない。もちろんそれは山を走ることだけに限定はしない。が、今ぼくができることはこれだ。

何の得にもならないかもしれない。やり終えても何も変わらないかもしれない。達成できないかもしれない。わからない。でも間違いなくワクワクする。

できれば、ランスタイルを全面に出して一人ではなく仲間の力をお借りしたい。
各ポイントでの補給と各区間ごとで一緒に走る人or全部一緒に走る人(途中で脱落したら置いてきますw)
(区間例:横瀬雲取山,雲取山~雁坂峠、雁坂峠~信州峠...)

 

言っておくがBibashのためだけに走るんじゃない。自分のため、皆のため。じゃないとこれはできないだろうな。

でもその前に八ヶ岳の縦走行かないと。

f:id:mhbg2012:20160523194345j:plain

 

※この記事を読まれる方はボクのお知り合いの方が大半だと思われます。その中には彼のことを知っている人もいます。もし、この記事を読んで不快に思われた方は削除いたしますので一報お願いします。