読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Finally

闇夜の香港、街の灯りは綺麗に見えるのだろうか。1000万ドルの夜景...淡い期待を抱きながら更に後半の追い込みを図る。前にいたチームを捉えガツガツ進んでいた...はずだった。

 

最高点のTaiMoShanまでは登りが続く。その登りで前を進むAキャップについて行くのが段々しんどくなってきた。脚が攣りそう、暑い、何かがおかしい。

周りに気を払う余裕がなくなり、「胃がやばいっす。吐きます。」と自ら二人に伝え止まってもらい指を喉に突っ込んで吐いた。

力を出したいところでのまさかの失速。CP6で一気に補給をし過ぎ、食った後のペースも早かった。少しは楽になったがペースをあげたくてもあげられない。呼吸も苦しく登りは全く走れなかった。後ろから抜き去られ前方へ消えていくライトを見るのがすごく悔しかった。

Aキャップが前で引っ張ってくれ、後ろでA木さんが無言でも一緒にゴールへ行くしかないと言ってくれてるようで心強い。お二人は5日前に日本でレースに出ててダメージが残っている身体。もちろんそれを知っていたので、後半は自分がリードするのだと思っていただけにすごく情けなかった。

 

登りを終え下りに入るも、とにかく呼吸すると胸が痛い。ジョグペースでしか進めない。息を吐くときに「あー」だとか「うー」とうめき声にも近い声を出した方が楽だった。過去にもこの症状が出てしまったことがあるが、いずれもリタイアしている。対処法が全くわからず、横になって回復を待っても良くなったためしがない。

しかし、止めるつもりは全くない。悪いコンディションの中でも一番いい形でゴールしたい。サポートクルーと会える最後のCP8に辿り着く。

 

食欲も何もなかったが、用意されていた温かいうどんを見た途端、急に食べたくなった。これまでの状況から何かを食べることには抵抗があったが、だしのスープが最高にうまい。身体に染み渡る。

ザックの中から要らないモノを出して置いていく。残り20㎞を走り出す。


不思議と呼吸をするたびに痛かった胸が元に戻っている。痛くない。脚も動く。何がよかったのかは未だにわからないが、再び走れることがこの上なく嬉しい。

最後の20㎞、走れる最高に楽しい20㎞だった。願わくば4人で走っていたかったが、ゴールでみんなが待っている。

 

Aキャップ、A木さん、自分と続くが、本当にどこにそんなパワーがあるのかというくらい先頭を行くAキャップは速い、そして強い。残り12㎞であまりにペースが速かったのでA木さんが「ペース、落としましょう。」と。自分も途中木の根に足をとられ、すっ転んだ。

「もうここまで来たら意地だよね。」

とAキャップが何気なく言った一言に自分はまだまだ弱い、この人にはまで勝てないと同じチームながらに思ってしまった。

3人でほぼ無言で黙々と走る時間。もう終わってしまう。

ロードから小さな広場に出た。わかりづらい矢印に惑わされ、BBQをしていたグループに道を確認する。下りていくと、ゴールまで照明が備え付けられている。

 

残り700m、200m、

 

最後は3人でがっちり手を取りあい14時間48分で香港での闘いに幕を閉じた。 

 f:id:mhbg2012:20161128061109j:plain

f:id:mhbg2012:20161128061221j:plain